人妻のセフレと楽しむアナルセックス

私は、熟女とセフレという関係を作っているのですがそのセフレが本当にエロく、しかもセックスに対しても非常に精力的でいろんなプレイを楽しむことを若い女性以上に積極的にしてくれているので、探究心のあるセックスをお互いに楽しむことが出来ているんです。

人妻のセフレと楽しむアナルセックス

アナルセックス

若い女性というのは、結構セックスの冒険を意外とやらないことも多いんですね。

しかし、30を超えるくらいの人妻になってくると性欲が強くなってくる上にいろんなセックスにも強い興味を持つようになりますので、結構男性のマニアックな性癖に合わせていろんな冒険を一緒にしてくれることが多いんです。

私のセフレも正にそんな感じで、結構こっちがやってみたいセックスのプレイを要求してもあっさりとOKしてくれるんです。

そして、私が人妻のセフレに要求したのがアナルセックスだったのですが、彼女も興味があったようで寧ろノリノリでアナルセックスをやろう、というような感じで答えてくれたんですね。

ノリノリでやるアナルセックス

やっぱり、アナルセックスは実際にやるというのは結構上級者向けのやり方なのですが、人妻でセフレという関係を作っている人はいろんなセックスを経験していますのでアナルセックスなどにも対応するだけの柔軟性を持っていることが多いんですね。

実際、私のセフレはアナルセックス自体はしたことがなかったのですが、アナルオナニーはしているような感じで開発はしていたので、アナルで感じることができるだけの体にはもうなっていたんですね。

だから、ホテルのトイレを使って腸内洗浄からしたのですがこの準備がまた結構興奮したんです。

細いチューブを使って腸内洗浄用の液体を流し込んで、それを排出させてというシーンを間近で見ているのに興奮してしまって、トイレでまだセックスをしているわけでもないのに思いっきり勃起してしまって、セフレの人妻もドキドキしながら腸内洗浄に臨んでいたのがエロかったです。

人妻とセックスしたいならセフレ募集してまずは会って話をするところから始めてみましょう♪

人妻をセフレにする場合のポイント

全身を性感帯に変えるほどの熟女テクニシャン

出会い系で知り合うことのできる熟女は、非常にテクニシャンな人が多く、特に攻め系の熟女はセックステクニックがかなりあったりして、エロいんですね。

私の知り合った熟女は、まさにそんなエロテクを持っており快感を連発させて男の潮吹きまでさせてくれるような人なんです。

男の潮吹きをさせてくれる攻め上手なテクニシャン熟女

熟女

出会い系には、しばしばテクニシャンな女性が出てくる物なのですが、私が出会い系せ知り合った熟女は特に際立っており、始めて男の潮吹きを体験させてくれた人でもあるんです。

そもそも、私は、その熟女に聞くまで男の潮吹きという物があることさえ知りませんでしたからね。

初めて体験した時は今までの射精と全く違った感覚にかなり驚かされました。

男の潮吹きで腰が抜けそうになってしまった

まず、最初はその熟女の手コキで射精させられてしまったのですがそこからもっと気持ちよくしてあげる、とザーメンまみれにチンポを握りこまれ亀頭を激しく掌でくちゅくちゅ擦られ今まで感じたことがない快感に腰が引けてしまったのですが、その熟女は手を止めずに容赦なくチンポを擦り続けて、また射精するかと思ったらすごい勢いでチンポから液体がビュビューっと飛び出したのは気持ちいいのと驚いたので腰が抜けてしまいました。

その熟女に気持ちよかったでしょ?と聞かれてちょっと恥ずかしかったですが、初体験の快感に驚愕と快感がないまぜになった不思議な感覚を味わうことが出来ました。

更に体の開発まで

テクニシャンな熟女は、潮吹きをさせてくれた後も乳首やアナルなど開発しないとあまり性的な快感を感じることもない場所を舌と指でじっくりと刺激して開発してくれたんです。

乳首舐め

しかも、その間もちゃんとチンポは刺激して毎度射精させてくれたので条件付けのような感じで乳首やアナルでも感じることができるようになりました。

全身を性感帯に開発されるような強い快感は本当に気持ちよくてたまりませんでしたね。

熟女と会いたい人はまずせふれ 募集を見てください。

静岡の御前崎市でメイドプレイが出来る20代女性

人には様々な性癖があるものです。

自分は、今まで女性とお付き合いもしてきましたしもちろんセックスも経験済みです。

しかし、性癖を解消できているかというとそうでもないんです。

かねてから「メイドプレイ」というものに興味がありました。

1度でいいから、メイド服を着た若い女性に奉仕されたいという気持ちがあったのです。

メイド服を着た若い女性

セフレ募集サイトを利用してみる

まず、自分が利用したのはセフレ募集の専門サイトです。

利用方法は一般的な出会い系サイトと何ら変わりはありません。

ですからスムーズに利用できました。

多くの女性がセフレを募集していたのですが、その中でも少し童顔で清楚な雰囲気のある静岡の御前崎市に住む20代女性が気になりました。

そして早速メッセージを送ったのです。

メッセージのやり取りスタート

メッセージ

その日のうちに返事がきました。

彼氏が数年できていなくて寂しいしセックスもしたいという彼女。

文体からもその清楚さというものが受けて取れるのですが、セックスの話題などをしてもはっきりと自分の好きな体位などについても答えてくれましたので、セフレとして関係を進展させるには良いタイプかもしれないなと感じたのです。

そして、彼女1人に照準を絞りセフレとしての関係を進めてみることにしたのです。

1ヶ月ほどのやりとり

すぐにセフレ関係になりたいという気持ちももちろんありましたが、方法などのサイトを見ているとやはりある程度の時間を持たせたほうがベターだと書かれていましたので、1ヶ月ほどやり取りをすることにしました。

その1ヶ月、随分と仲良くなりましたし時には恋人のようなやり取りが見られることも出てきたのです。

そこまでしっかりと築いてきたのですから、このまま行けばメイドプレイも夢ではないと思うようになっていきました。

そしていよいよ、会う約束を切り出してみたのです。

誘ってみて彼女のレスポンスは

食事がてら会わないか?そんなニュアンスのことを言ったように記憶しています。

しかし彼女は少しためらうような様子を見せたのです。

女性ですから、実際に会うとなるとやはり身構えてしまうものなのかもしれないと思い、「会える気持ちになったらでいい」と伝えました。

それからの進展

残念では在りますが、それからの進展といもうのは一切ありませんでした。

それどころか、お互いに気まずいムードとなってしまったのです。

連絡は取っていたものの、話も今ひとつ盛り上がらなくなってしまいました。

それと同時に頻度も下がっていきました。

今ではもうほとんど連絡は取り合っていません。

何がいけなかったのか

タイミングが悪かった・縁が無かったといえばそこまでなのですが、やはり原因はいくつかあったように思います。

待つことも大切ではありますが、自分の意思をはっきりと伝えなかったことも失敗に繋がったかもしれません。

また、セックスに興味を示していたのに助走を長く取りすぎてしまったかなという部分もあります。

上手な進め方やその方法を鵜呑みにするのではなく、その状況や相手のタイプごとにあわせていくということもまた大切なことなんですよね。

テンポというものを気にしておけば、また違った状況になっていたのではないかと思うと少し残念な気持ちにもなります。

こうして、今回は失敗となってしまいましたが、「だから次は気をつけよう」と思うような学びを得たことも確かです。

同じ失敗を繰り返さないことが理想のパートナーゲットにも繋がっていくと思いますので、この失敗経験を活かして次こそは自分の願うプレイを出来るパートナー探しに頑張っていきたいと思います。

また、早々に1人に絞り込むのではなく幾人かと同時に進展させていくのも効率的かなという風に考えるようになりました。

出会い系サイトのプロフィールは誠実に書こう

セフレを探すときには、出会い系サイトを利用することがほとんどです。

その時、大抵は気になる異性のプロフィールをチェックします。

そのプロフィール次第で、その人にアプローチするか決めたりもします。プロフィールはアプローチを左右するのです。そうなるとプロフィールをしっかり書いておかないと、出会いのチャンスを逃すかもしれません。

プロフィールは誠実に書こう

書く

プロフィールは、誠実に書くようにしましょう。

というのも、プロフィールでは、異性と会いたいからとつい、嘘を書いたり、話を盛りたくなるからです。

たとえば、外見が芸能人のだれだれに似ているとか趣味は何々してるなど、書きたくなるものです。また、相手のプロフィールをみて、メールで私も興味ありますとかかきがちです。

こうした嘘や話を盛ると、出会ったときにあれ違うなという印象をあたえ、マイナスのイメージを相手に持たせます。

すると、そのまま会うのはパスしてしまうなんてことにもなりかねません。

まずは、誠実にあるがままを書くようにしましょう。

プロフィールに書く内容は

プロフィールが自由にかける場合、何を書くのかは迷ってしまうものです。だからといって、よろしくというような挨拶だけを書いては、誰もあなたにアプローチしてこないでしょう。

まずは、何でもいいので書くことです。もし、わからないのであれば、同姓のプロフィールをみてください。何人か見ていて、この人は感じが良さそうと思ったら、真似をしてみることです。

たとえば、箇条書きで好きなこととか項目を並べていたら、真似をして、項目は同じように書いて、答えを書いていけばいいのです。

これならば、項目は人のを真似るので答えだけなので、楽でしょう。

また、文章での自己アピールもよいです。好きなこととか気になることを書くといいでしょう。

趣味

また、こんな男性をさがしていますとか、男性とこんな風にセフレとしてお付き合いしたいといったことも、文章のほうが誠実さもでます。

気持ちを書く場合には文章にしたほうがよいでしょう。

箇条書きにしろ文章にしろ、言葉で気を付けるのはマイナスやNGの表現は避けましょう。

たとえば、可愛くないですがとか経験あまりないですがというのも、人によっては、暗いイメージを持ってしまいます。

そうなると、選びにくくなるものです。外見はあまり触れなかったり、もしくは特徴だけにします。

また経験ないも新しい経験したいとかけば、前向きにも見えます。

他にも友達がいないというのもよく見かけますが、この人と思ったら深く付き合いますなどに表現を変えれば、印象や好感度も変わります。表現は前向きに感じさせるような言葉に変えましょう。

プロフィールは、更新すること

プロフィールを書いたら、それっきりという人も多いでしょう。

確かに苦労して書いたのを直すのも大変です。しかし、少しでも相手にいい印象を与えるには、更新するのも一つの手です。

また、あなたもその時、その時で好きなことや興味あることも変わるはずです。

それを追記でもいいので書きましょう。

もし、異性とやりとりをしたり、さらにセフレとして付き合ったけど別れたあとには、それを活かしてつぎは、こんな人を探してますとかを書いてみるのもいいでしょう。

経験に基づいたプロフィールもさらに、相手を引きつけるはずです。

最後に

セフレ探しをするときには、相手のプロフィールを見ることは欠かせません。

プロフィールに共通点があれば、それだけでもメールしたくなったりします。特に男性は頑張ってプロフィールを書きましょう。

また、女性の場合には、プロフィールを書いた方がサクラと思われなくてすむことにも繋がります。プロフィールを書くことが、セフレ探しの第一歩になるのです。

セフレを探すときに参考になる記事せふれ 付き合い方

埼玉の秩父市でセフレ募集してた18歳の子との出会い

男心と女心って全然違うものかもしれないです。

男ってどうしても理屈っぽく考えちゃうとこあると思います。

女の心変わりとか理解不能じゃないですか?

どうしてどうなったの?とか聞いても「嫌だから」とか…。

何で嫌なの?と聞いても「嫌なのは嫌なの」って…。

理由になってないこと多くないですか?

しかも、さっきまでと言ってることが真逆になってたりしても平気なんです。

悪気なんてこれっぽっちもなさそうにしてるとこが余計理解に苦しみます。

興味を示してくるからついこっちも

今の若い女の子ってすっごいエッチに興味持ってる子が多くて、セフレにしやすい子も結構います。

出会い系で知り合った女の子10人くらい(実際に会ったのは2人)いるのですが、全員セックスに興味を持ってました。

興味はあるけど怖い…怖いもの見たさみたいな感じの子がほとんどでした。

処女じゃないけど、まだ性に目覚めてないって感じですかね。

そんな興味津々でいろいろ聞かれたりしたら、こっちは本業みたいなものじゃないですか?(笑)

調子に乗ってベラベラ話したり、じゃ会っちゃう?みたいな流れになるのも当然って言えば当然なんじゃないかなと思います。

JK卒業したての18歳!

jk

ユリちゃんって埼玉の秩父市在住の女の子と実際に会うことになりました。

写真通りというか、むしろ写メよりも可愛い印象を受けました。

元AKB48の大島優子を幼くした感じに近いと思います。

老け顔ってわけじゃないですけど、パっと見は20代OLですって言われても違和感がない感じです。

ただ、よく見るとやっぱりまだ10代なんだなっていう若さは隠せない様子でした。

身長は160ないくらいかな?

体重はわかりませんが、その細い肢体からするとスタイルは良さそうに思えました。

あんなに華奢な手足してるのに、胸の部分だけはふくよかでしたから脱がすのが楽しみでした。

パットってことも考えましたが、彼女のEカップという台詞からそれは無いだろうと思いました。

昼間っから(笑)

某ファーストフード店で昼食を取りながら話してる内容は下ネタ(笑)

ファーストフード

イクって実際どういうことなのかとか、男の人ってどう舐められたり触られたりしたら気持ちいい、嬉しいのかとか…。

隣にいたお客さんに聞こえてるんじゃないかと、こっちがそわそわしてましたが、ユリちゃんは気にすることもなく、楽しそうにエロ話をしてました。

今はスマホやパソコンでググればなんでもわかる時代です。

でも、その信憑性に関しては何とも言えないというのは彼女らの世代はわかりきってることだったのかもしれません。

だからこうして実際にどうなのかという興味が出ているんじゃないかと俺は推測しました。

推測ついでに、ユリちゃんと実技訓練ができればな~なんてずっと考えてました(笑)

あの流れでも…

完全に俺の中ではフラグが立ってました。

ユリちゃんもそれを覚悟しているような様子もあったので、コレはイケるな…ずっとそう思ってました。

しかし、時間が経てば経つほど、ユリちゃんはそわそわし始めてきました。

何が原因だったのか俺にもよくわかりません。

思い当たる節があるとすれば、口が滑って望まぬ妊娠をしてしまった知人の話です。

「避妊をすれば大丈夫」という俺の言葉はユリちゃんの頭に入っていなかったのかもしれません。

避妊も100%ということはありませんから、これは俺の推測ではありますがユリちゃんの中で「この人の子供できちゃったらどうしよう」っていう思いがどんどん大きくなってしまったのでは?と考えてます。

仲良くなって、会話が弾んでって言うのは良かったと思います。

ただ、セックスに興味を持ってる子に対して言うべきことじゃなかったんじゃないかと反省しています。